aga対策の基本はシャンプーを変えること

シャンプーが頭皮の状態を決めると言っても過言ではありません。そして頭皮の状態が髪質となることを考えれば、いかに頭皮に合ったシャンプーが必要かが見えてくるでしょう。agaの治療法は外用薬と内服薬の組み合わせが一般的ですが、それほど重症化していなければ頭皮ケアの見直しで進行を抑えられる可能性があります。

シャンプーを選ぶときは抜け毛を減らせるものを見つけることが大切です。ただしこれは使用しなければ判断は不可能なので、1か月くらいは使用してみてください。もし使用期間中に大量に抜け毛が増えるようであれば、そのシャンプーは合っていないと考えられます。一般的に育毛向けに作られているシャンプーは、頭皮にダメージを与えない設計になっています。

重症度の高いagaは薬物療法で対処を

相当に重症化しているagaですとシャンプーを変えたり、食生活を改善したりする程度では治りません。周りの同年代と比べて明らかに髪が少ないのであれば、中度以上のagaだと考えられます。昔はagaになっても、予防して進行を食い止めるしかないと言われていましたが、今は薬物療法で改善できる時代です。頭皮に直接塗布する外用薬と、内側からaga体質にアプローチする内服薬を併用すれば髪を増やすことが可能です。

薬物療法の目的は血行促進、男性ホルモンの過剰分泌の抑制になります。十分なボリュームまで復活できたら、内服薬だけの治療法に切り替えする医療機関もあります。薬物療法は医療機関に特化したもので、育毛サロンでは受けられません。

agaを札幌で治療するクリニックは、札幌駅周辺に複数あります。治療実績や料金プラン等を比較して、自分にあったクリニックを見つけましょう。