生活習慣の乱れが薄毛・抜け毛の原因になっている

現代人は、薄毛・抜け毛に悩む人が増えてきているといわれています。薄毛・抜け毛といえば男性特有の悩みだと思われがちですが、若い女性の中にも髪に関する悩みを持つ人は多いのです。その原因の1つとして最近注目されているのが、「生活習慣の乱れ」です。現代人は
・睡眠の質が悪い(睡眠不足など)
・栄養のかたより
・運動不足
などの影響で、髪を育てる細胞の働き自体が弱っていたり、血行不足で髪に必要な栄養素が行き届かなかったりしています。その結果、早いうちから髪の毛にハリ・コシがなくなってしまい、髪の毛のボリュームに悩むことになるのです。育毛に効果のあるシャンプーや育毛剤が数多く販売されていますが、同時に生活習慣を改善しなければ育毛効果は半減してしまいます。

どのような点を改善していけばいの?

薄毛・抜け毛は髪の毛を作る細胞が弱ったり、髪に必要な栄養素が足りなかったりするために起こります。もともとの遺伝で薄毛になりやすい体質はありますが、その場合でも生活習慣の乱れを整えれば薄毛・抜け毛の進行をある程度食い止めることはできます。まずは睡眠時間を確保し、身体の回復機能を高めましょう。遅くまで仕事をしたり、寝る直前までスマートフォンを触ったりしていると、質の良い睡眠はとれません。せめて日が変わるまでには布団に入って、体のメンテナンスをしましょう。また、髪に必要なたんぱく質・ビタミンEなどの栄養素を定期的に摂取し、体のすみずみまで行き届かせることも大切です。栄養バランスの整った食事をとることを意識し、さらにはウォーキングなどの運動を取り入れて血行改善に努めましょう。

髪の毛が薄くなったときに行えるのが育毛という行為です。市販品はもちろん、医療施設で治療として提供してもらうこともできます。