男性の薄毛はほとんどがaga

未成年の男性が薄毛に悩んでいる場合は、ストレスや何らかの疾患、薬の副作用などが関係していることが多いです。一方で成人後に発症する薄毛の90%以上はagaだと言われており、その特徴は頭頂部を含んだ前側が薄くなるものです。薄毛が気になる部位に対して、横側や後ろ側などのボリュームに問題がなければ、ほぼagaと考えてよいでしょう。薄くなる部位とならない部位がはっきりしているのがagaの特徴だからです。

aga治療を受けられるのは20歳から

育毛サロンは未成年でも利用できますが、aga治療に関しては原則として20歳以上からとなります。aga対策の医療用医薬品の使用が20歳以上に定められているからです。agaは年齢を重ねるにつれて発症率が高くなり、30代くらいから薄毛が気になる人が増えてきます。30代~40代を問題なく乗り切れれば、その後も年齢相応のボリュームを維持できることが多いです。20代で発生した場合は短期間で著しく進行するケースが多いので、すぐに医療機関で治療を受けてください。

aga対策の要になるのは2点

agaは男性ホルモンが過剰に分泌され、かつ脱毛酵素の作用が強い男性に見られます。最大の要因は脱毛酵素にありますから、これを抑制していく治療薬が必要になります。それに加えて血管拡張作用のある発毛剤を使用し、毛母細胞への血流量を促進すれば完璧です。巷には食事療法や適度な運動、ストレス解消などの方法も推奨されていますが、aga治療の要は脱毛酵素の抑制と血行促進の2点です。他のさまざまな対策をするよりも、この2点に特化した対策を行ったほうが実感できます。

agaを京都で治療する際に選択する基準として、薬剤の種類があります。オリジナルで開発されたものは効果が高く人気です。