バストの悩みに豊胸手術という選択肢

バストの形や大きさは女性的なプロポーションを目指す上で非常に重要な部分です。バストを構成する成分として乳腺、大胸筋などの筋肉の成分や靭帯などの線維性の成分がありますが、これらは年齢を重ねるほどに弱っていく部分であり、バストエイジングという加齢で生じる形の崩れはこういった各成分の弱りに起因します。この防止には大胸筋を鍛えてボリュームを保つことなどのケアが重要となってきますが、それだけではバストのエイジングを遅らせるだけに留まるかもしれません。そんなバストの悩みを解決する手段のひとつとして、豊胸手術を検討する方も少なくありません

豊胸手術で期待されるバストへの効果

豊胸手術では一般的に、乳腺という母乳を作る組織と大胸筋のあいだにボリュームを補う施術を行います。補充するボリュームの一例としては、シリコンバッグや本人の脂肪組織、ヒアルロン酸などがあります。加齢に伴って少なくなってきたバストのサイズを補充するだけでなく、形も理想通りのものに整えられる、ということもあり、バストの左右差が気になる女性にも豊胸手術は人気です。加齢とともに少し垂れてきた気がする、というバストの悩みを解決することが豊胸手術では可能なのです。

切らない豊胸手術のメリット

豊胸手術ではシリコンバッグなどの大きなボリュームを補う手術が一般的ですが、一般的な手術では皮膚を切開するためバストにしばらく熱感や痛みを感じたり、と皮膚やバストへのダメージが問題になることがあります。しかし、切らない豊胸手術として有名なヒアルロン酸注射などの施術では、そういったバストへの侵襲によるダメージを最小限にとどめ、必要な部分に必要なだけボリュームを補充することが出来る手軽さが魅力です。

豊胸手術をする時は、自分に合った手術方法を選ぶことや、アフターケアをしっかり行うことなどの注意が必要です。