agaになる理由はなにがある?

男性型脱毛症とも呼ばれるagaは、そのままにしておくと症状が進行してしまうため出来る限り早い対策が必要といわれています。agaになる大きな原因のひとつとして、男性ホルモンの影響があげられます。この男性ホルモンによって、髪の毛の成長に必要不可欠なヘアサイクルの周期が乱れてしまい、agaの症状があらわれます。ヘアサイクルには成長期や退行期および休止期があり、この中の成長期は通常ならば約2年から6年の期間があります。

しかし、agaの場合は成長期が短くなることで髪の毛が育つ前に抜けてしまいます。その他にも生活習慣の乱れもagaになる原因に影響していると考えられています。偏った食事や運動不足だったり睡眠不足だったりと自律神経やホルモンバランスが乱れることで、正常なヘアサイクルに影響を与える可能性があります。

agaの対策として出来ることとは?

agaの対策方法のひとつとして、aga専門クリニックで症状を見てもらうという選択肢があります。自分の症状がagaなのかという点も判明し、専門クリニックのため患者の症状や悩みに合わせた治療薬が処方されるのは大きなポイントでしょう。また、クリニックによっては無料でカウンセリングを行っている場合も多いため気軽に相談することが可能です。セルフケアを行う場合は、生活習慣の改善としてバランスの良い食事や十分な睡眠時間を確保することが必要です。

その他にも過度な飲酒や喫煙を控えることや、髪の毛を洗う際の頭皮マッサージなどがあげられます。また、ウォーキングなど自分に合った方法で適度に体を動かしてストレスを少なくすることもaga対策の第一歩といえるでしょう。

agaを仙台で治療したい場合は、育毛サロンの利用や薄毛治療を専門とするクリニックへの通院といった方法があります。